イメージ 1

横浜駅からMMまでの緑化を進めようというプロジェクトが立ち上がったようです。
写真は完成間近の高島中央公園ですが、MMて土地の広さもあるのでしょうが、緑が少ない気がします。

2009年の横浜開港150周年に向け、横浜市は150万本の植樹を進手いるとの事です。
この試みに賛同した企業が「横浜駅東口からMM21にかけての緑化をすすめる会」なるものを結成したとの事です。

計画によると、そごうこと新都市ビルからみなとみらい地区にかけて植樹を進めるとの事です。
NTT東日本や崎陽軒、横浜新都市センターなどがメンバーになっているとの事です。。
でも、日経の記事にはJR東日本や三菱地所が主要メンバーとして記載されており、特に三菱地所に関してはマンション新設の際には十分な植樹を行っていくとの件がありました。 新高島地区に地所がマンション計画中??なんて思って記事を見入っていましたが、地所のマンション新規建設について追加情報は何もありません。。

やっぱり緑って大事ですよね、たまに青梅街道を通りますが、都心部の街路樹の無いところと、一帯の大きな木が4車線道路を覆う一帯では同じ道とは思えないほど、イメージの差が有ります。

こちらの会も、ゆくゆくは赤レンガ倉庫、さらには山下公園まで緑化を行いたいとしておりますが、どのような形で緑化を進めてくれるのか本当に楽しみですが、150万本って市内全体に対して行われるにしてもすごい規模なんでしょうねぇ。