イメージ 1

みなとみらい線元町・中華街駅直上に建設・整備の進むアメリカ山公園の完成予想図との事です。

東急グループにより開発が進められるとの事です。
みなとみらい線の元町・中華街駅の地下ホームから地上一階の改札を抜けた後にそのままエスカレータを乗り継ぎ4階まで上がって行く駅直結公園となるようです。
地下から四階までの間には幾つかの店舗が配され、屋上まで上りきるとそこからは関内市街・MM中心部を見渡せるようになります。

駅の右側に描かれているスケルトンっぽい構造物が気になります。全然関係ありませんが、フランスのストラスブール駅が古い石造りの建物をガラスのドームで覆うという斬新なデザインで見るものをびっくりさせてくれます。賛否両論渦巻いているのでしょうが、ルーブル美術館といい、ラ・デファンス地区のデザインといい、昔の建物に対してのフランス人の挑戦魂は凄い!

http://slide.alpslab.jp/fslide.swf?pos=35%2F26%2F16.578%2C139%2F39%2F17.198&scale=5000&link=base
神戸や、長崎では当たり前のように整備されていた高台の展望施設へのアプローチがここ横浜にも漸くお目見えです。
駅ビルの中に整備されるものの、途中階に配される店舗と相まって、ここ山手地区への新たな導線を築き上げてくれるものとして期待大です!!